ひらの歯科医院
アクセスマップ 診療時間はこちら
ひらの歯科医院
ひらの歯科医院
tel 0466-49-1382

あなたの入れ歯が変わります!

私の義歯治療への想い 
~ある患者さまの症例から~

皆さんこんにちは。 
院長の平野です。 
先日、休みの日にロマンスカーで箱根に行きました。 
その時、隣のボックスシートで60から70歳くらいと思われる女性4人組が楽しそうにおしゃべりをしていたのですが、1人の女性が「入れ歯が合わなくて苦労しているのよ・・・」みたいな話をしはじめました。(決して人の話を盗み聴きしているわけではないですが、職業柄入れ歯という言葉には敏感に反応してしまいます・・) 
すると、他の3人もそれぞれ自分の歯の悩みをしゃべり始めました!! 
4人中3人が、

  • 入れ歯だとしっかり噛めない
  • 痛くて歯医者で何回調整してもらっても良くならない
  • カタカタ動いて、カラオケでうまく歌えない
  • どこどこの歯医者は痛くなかった

などなど、相模大野から箱根湯本までずーっと歯の悩みを話合っていました・・・ 
これから、温泉に入って、美味しい物でも食べるのだろうに、入れ歯が合わないんではせっかくの旅行も楽しさ半減だなあ~、と思いつつも世の中には入れ歯で悩んでる人がいっぱいいるんだなと再認識させられました。

現在はインプラント治療が安全に行えるようになり、義歯からインプラントに替える方も増えてきましたが、

  • 外科手術が怖い
  • 全身疾患があり、インプラント手術が安全に受けられない
  • 高額なインプラント治療が経済的に受けられない
  • 顎の状態が厳しいと歯科医から言われた

でも・・・

  • 今の義歯では硬いものがグッと噛めない
  • 義歯をしていても大きな口で笑ったり、歌ったりしたい
  • 歯を入れるために健康な歯を削りたくない

という方は多いと思います。

私(院長)は平成10年の開業以来、多くの義歯治療を行ってまいりました。 
インプラント治療も行いますが、やはりまだまだ義歯治療を必要としている方は多くいらっしゃいます。 
今では、提供できる義歯の種類もかなり多くなりました。 
大学卒業以来、義歯治療においては

  • 噛める
  • 痛くない
  • 長くもつ
  • 見た目がきれい

などにこだわってきました。 
ただ、残念ながら保険診療の義歯ではバネなどの材料がどのような状態の患者さまにも決められたものしか使用できませんので、思うような義歯が作れないことがほとんどです。 
また

  • 義歯が当たって痛い
  • すぐに壊れる
  • バネが目立つ
  • 動く

などの義歯に良くある不満も保険義歯で治療したケースがほとんどです。 
そんな義歯に対する不満も、その方に合った最良の義歯で改善できる場合があります。

ここで一つ、実際に当院で治療した症例をご紹介します。

【患者さまのお悩み】

  1. 前医院で3年毎に入れ歯を新しく作り直している
  2. 噛む力が強く、入れ歯を見てみると奥歯がかなりすり減っている
  3. 強く噛みこんでしまう
  4. 新しく作り直すと、落ち着くまでの調整に回数がかかる
  5. なんとなくしっくりこないが保険の義歯なので、こんなものかなとあきらめて使用している

【患者さまの希望】

  1. 「よく噛めるようになりたい」
  2. ご家族の方も(特に息子さん)自費の入れ歯についていろいろ調べていてお母様(患者さま)が高齢なので、いい入れ歯を入れてあげたい

【初診時のお口の状態】

  1. 上の歯は総入れ歯(1本も残っていない状態)
  2. 下の歯は前歯が4本残っているが4本ともかなり歯周病が進行してしまっていて、そのうち1本はもう残すことができないくらいグラグラしている
  3. 上下とも保険義歯が入っていたが、ガタガタ動いている
  4. 入れ歯が動くせいか、あちこちにすり傷ができている
  5. 入れ歯の歯がすり減っていて、噛み合わせが合っていない

【治療経過】

  1. 患者さまがなるべく歯を残したいという意向のため、まずは歯周病治療を開始
  2. しかしグラグラの歯は残すことができないという判断にて、ご本人と家族に説明をし同意してもらい抜歯
  3. 残りの3本も多少動揺があり、入れ歯を支えるバネをかけられるか不安だったが、引き続き歯周治療を継続し、さらにこちらからご案内した歯ブラシや歯磨き剤などで毎日しっかりブラッシングをしていただき、少しずつ歯肉の状態が改善してきた
  4. しかし、初めよりは改善されたものの、歯のぐらつきが完全になくったわけではなく、入れ歯の支えになる歯としては長期的な保存は難しい状態
  5. 将来的にはもしかしたら下の歯も総入れ歯になってしまうかもしれませんと、ご本人と家族にお伝えし、今の残っている歯を保存して新しい入れ歯を製作
  6. 上顎に金属床総義歯、下顎には金属床義歯にシリコンを貼り、さらにバネには歯にかかる負担が少なくなる材料(白金加金ワイヤー)を使用したものを装着

今回の入れ歯は、グッと噛んでも痛みもなく食い込むことないので調整もほとんど必要がありませんでした。 
患者さまにも「当初の希望通り、よく噛めます」と笑顔でおっしゃっていただきました。 
担当歯科衛生士も患者さまに満足していただき、とても喜んでいました。

これからは以前よりきっと食事を楽しんでいただけると思います。

 

さらに、治療終了から3か月・・・ 
治療後の義歯の調整と残っている歯のメインテナンスに来院された患者さまのお口を見て、私はビックリしました。 初めはグラグラしていて、近い将来抜かなくてはならないと思っていた歯がしっかりしてきたのです。

この方には金属床義歯にシリコンを貼った義歯をお作りしたのですが、しっかりとした義歯を入れたことにより、残っている歯の負担も軽減されたのです。

保険義歯ですと、噛む度に義歯がたわみ、バネがかかっている歯がゆすられ負担がかかるので、次々に歯が抜けてしまい、どんどん大きな義歯になってしまいます。 
しかし、グッと噛んでもたわまない保険外義歯では残っている歯にも優しい義歯を作ることができます。

最近は、ご家族の方によい義歯を作ってほしいと連れてこられるケースが増えてまいりました。
健康で豊かな生活には

  • きちんと食事ができること
  • 人とおしゃべりを楽しむこと

が大切だと私は考えています。

今回ご紹介した方のように、良い義歯を入れることにより豊かな生活を送れるケースは多くあると思います。

義歯でお悩みの方は是非1度ご相談ください。 
皆さまの人生が少しでも豊かになることを祈っています。

ひらの歯科医院院長 平野哲也

保険外義歯の種類

※★の数は比較の目安です。お口の状態によって変わる場合があります(最高★3つ)

Co-Cr金属床義歯

写真

Co-Cr金属床義歯

ワンポイント

壊れにくい

特徴

本体に薄くて丈夫な金属を使った義歯

長所

●丈夫で壊れにくい
●本体がたわまないので噛む力が強い
●安定感がある
●薄いので装着感がよい
●食べ物の温度がよくわかる
●バネのかかる歯の負担が少ない

短所

×修理が困難

噛みやすさ

★★★

耐久性

★★★

審美性

★★


ノンクラスプデンチャー
➔ノンクラスプデンチャーについて

写真

ノンクラスプデンチャー

ワンポイント

美しい

特徴

金属のバネ(クラスプ)を使わない義歯

長所

●笑っても入れ歯のバネが見えない
●軽い
●薄い

短所

×5年ほどでゆるくなってくる場合がある 
×修理(増歯)が困難

噛みやすさ

★★

耐久性

★★

審美性

★★★

金属床義歯+ノンクラスプ

写真

金属床義歯+ノンクラスプ

ワンポイント

丈夫さと審美性

特徴

本体は薄くて丈夫な金属でバネに金属を使わない、強度と審美性を兼ね備えた義歯

長所

●o-Cr金属床義歯の長所+審美的

短所

×修理(増歯)が困難
×バネ部分は数年でゆるくなるので預かり修理が必要になる場合がある

噛みやすさ

★★★

耐久性

★★★

審美性

★★★

コンフォート ➔コンフォートについて

写真

コンフォート

ワンポイント

柔らかクッション義歯

特徴

義歯の内面(歯肉と接する面)に生体シリコンを貼り、装着感を良くしたもの

長所

●歯肉粘膜にあたる部分が柔らかい生体用シリコンのため痛くなりにくく、装着感が良い
●強く噛んでも傷になりにくく、痛くないので良く噛める
●安定が良いない

短所

×数年でシリコンを張り替える必要がある
×修理が困難
×専用の義歯洗浄剤を使う必要がある

噛みやすさ

★★★

耐久性

★★★

審美性

★★

コンフォート

現在義歯をお使いの皆さんへ

今の義歯に満足していますか?
義歯には様々な種類があることをご存知ですか?

皆さんが義歯に求める条件にはどのようなものがあるでしょうか?

  • 良く噛める
  • 噛んでも痛くない
  • 食べ物の味がよくわかる
  • 発音が自分の歯がそろっていた頃とほとんど変わらない(大きな口で笑える、歌が歌える)
  • 自分の口に入れ歯が入っている事が他人にわからない(友人や家族との食事や旅行を楽しみたい)
  • ホウレイ線が目立たない

などでしょうか?

義歯には金属床義歯やノンクラスプデンチャーなどの保険外診療で作成するものと、保険診療で作製するレジン床義歯の2種類があります。

装着感、耐久性、食感、審美性(見た目)などの観点から、保険外診療の義歯は保険診療で作るレジン床義歯よりはるかに優れています。
では、保険外診療で作製した義歯と保険診療で作製した義歯とは何がどう違うのでしょうか?下記比較表を参考にして是非ご自分に合った義歯をお選びになり、おいしい食事と充実した生活を楽しんでください。

保険外義歯と保険義歯比較表

 

保険外義歯

保険義歯

装着感・強度

本体に金属を使用するために薄く作製することができる(金属床の場合)。そのために違和感の少ない、装着感の良い義歯となる。

丈夫なため長持ちする。

強度を確保するために、厚みが必要(約3㎜)。 
食べ物の温度が伝わりにくい。
違和感が大きい。
壊れやすい。
バネがかかる歯への負担が大きい。

発音
(しゃべりやすさ)

本体部分を薄く作製するため、自然に近い形態になり、舌の動きが義歯に邪魔されることが少なく、発音しやすい。

義歯が厚いため、舌の動きが邪魔されて、上手に話が出来るようになるまでに時間がかかる。
お口の中が狭くなる。

審美性
(見た目)

自由設計であるため、部分義歯で作製する場合にはバネが目ただないように工夫する事も可能。

ノンクラスプデンチャーは金属バネを使わない。

部分入れ歯においては前歯においても金属バネが目立つ。

味覚

食べ物の温度が伝わり易いので、本来の食品の味に近くなり、美味しく食事を楽しむことができる(金属床の場合)。

大部分が厚いプラスチックで覆われるために、食べ物の温度が分かりにくい。そのため食品の本来の味が変化しやすい。

清潔さ

汚れや臭いが付きにくく衛生的である。

汚れや臭いがつきやすい。

➔ノンクラスプデンチャーについて

➔コンフォートについて

診療内容
予防メインテナンス セラミックによるメタルフリー治療 精密自費義歯治療 精密自費根管治療 訪問歯科診療
他医療機関のドクターへ
医院情報
‌医院情報

〒252-0823 神奈川県藤沢市菖蒲沢611-1
アクセスマップ・地図

小田急線長後駅よりバス②系統「海老名駅行き」「綾瀬車庫行き」 「宮原南行き」に 乗って「宮の腰」下車 徒歩一分 


診療時間表


PAGE TOP

神奈川県藤沢市の歯医者|綾瀬市、茅ヶ崎市、寒川町からも来院されています|ひらの歯科医院
©ひらの歯科医院 All Rights Reserved.